5つのテーマ別に研究開発を進めてきましたが、2020年度より社会実装に向けた4つの事業化テーマを設定し、コンテンツ開発を行っています。

社会実装体制|
スマートアール推進協議会

一般社団法人スマートアール推進協議会は、COIの必達課題の事業化推進の他、立命館大学・順天堂大学が持つコア技術の社会実装、事業化プラン構築、商品・サービスの創出、アカデミア発信、イノベーション人材の開発を行うための組織として 2019年4月25日に設立しました。

スマートウェア事業

スマートウェア
フィットネス事業

生体情報が計測できるスマートウエアを着用して、映像や音楽に合わせて実施するフィットネスプログラム。心拍数をリアルタイムで計測することにより、いわゆる〝頑張り度合い″が、数値として〝見える化″されるため適切な運動強度の管理が可能となります。さらに計測された心拍数はプログラムの到達度に反映され、参加者同士の共感を得るゲーミフィケーションを実現することにより、何度でも挑戦したくなる運動誘導・継続コンテンツの開発を進めています。

事業化に向けた開発状況

ゲーム・映像・バイクエクササイズを組み合わせたオリジナルプログラム「スマートRバイク・ザ・ライド」を開発しました。追いかけてくる恐竜から逃げる映像に合わせて、インストラクターが制作したコリオ(動作)を実施。参加者全員の目標心拍数に対する到達度の合計で、恐竜から逃げることができるかといったゲーミフィケーションを実現した、楽しみながら無意識のうちに運動効果を実感できるフィットネスプログラムです。

今後の展開例
「あらゆる人と空間を共有できる」
新時代のスマートフィットネス
  • COVID-19の影響でオンラインフィットネス市場が急速に拡大していますが、スマートウエアを着用することにより、遠隔でありながらインストラクターが心拍数を確認できるため、安全管理が可能。
  • 計測された生体データ、例えば心拍数を軸に実施できるため、年齢、体力レベル、場所を問わず、人と人との繋がりを持つ双方向による運動プログラムの開発。

スマートウェア
教育教材事業

着用するだけでバイタルデータを計測できるスマートウェアをICT教育と連動することにより、「論理的思考力」や「課題解決力の向上」が得られ、またコミュニケーションを図り、楽しみながら身体を動かすことができる健康教育教材づくりにおいて幅広い視野を持ち開発を進めています。どこからでも参加できることにより遠隔授業、家庭学習における教材を通し、幼児から高齢者まで楽しく運動することが可能となります。

事業化に向けた開発状況

2020年度の学習指導要綱改訂により、学校教育におけるICT化も急速に加速しています。そこで、着るだけでバイタルデータが計測できる「スマートウェア」を児童向けに改良し、立命館小学校5年生の体育授業において個人にあった運動ペースを知る「にこにこペースで体力アップ」の授業を実施しました。子ども同士のペアワークを取り入れ、楽しみながら意欲的に運動する、ICTを活用した探求型学習が実現しました。

今後の展開例
プログラミング教育や体育・音楽での活用。楽しみながら身体を動かす教育教材
  • プログラミング教育において、ビジュアル言語を取り入れ、スマートウェアの活用により楽しみながら身体を動かすことにつながる教育教材の開発。
  • 身体を動かすことで音楽を奏でることができる音楽教材の開発。
  • ニューノーマルの新時代においてオンライン化が進む中、どこからでも参加でき、自宅でも楽しく運動ができる教育教材の開発。

バイタルデータ
アート化システム事業

心拍数、発汗、呼吸数、筋電位、関節角度といったバイタルデータを取得し、音や映像に変換するシステムです。2017年2018年の2年間にわたるCOI若手連携研究ファンドの取り組みで、立命館大学が工学によるシステム構築の検証、順天堂大学がスポーツ健康科学による運動の検証、東京藝術大学が音響科学による芸術表現を担当し、異分野・他機関との連携で新たな価値創造により運動誘導・継続の実現を目指しています。

事業化に向けた開発状況

楽しみながら正しい運動の可視化、可聴化を実現するウェブアプリ「Biosignal Art」を開発しました。パソコンやスマホのカメラで全身を映し、アプリからの指示に従って運動(例えばスクワット10回)を実施します。画像内の関節位置情報から姿勢推定を実施するとともに、正しい姿勢やリズムなど事前に規定したポイントに従って点数に変換します。結果は点数だけでなく音楽表現にも変換され、姿勢が崩れたりリズムが保てなかったりすると音楽にノイズが混じる仕組みになっています。

Biosignal Art

今後の展開例
多世代で実施できる新しいコンテンツ開発
  • 軽い運動でも筋電を検知して音を出すことができるデバイスの開発により、体力や筋力に関係なく楽しく運動ができる商品・サービスの開発
  • 子どもの授業や高齢者のリハビリなど幅広いシーンにおいて、生体信号や運動情報を複数人で協調させることで合奏が成立するコンテンツの開発
  • 視覚的・聴覚的なアート創造のフィードバックを実現することで子どもから高齢者まで多世代が共に実施できるコンテンツの開発

ピンスポットオーディオによる空間シェアリング事業

超音波の直進性を利用し、届けたい範囲にのみ音を届けることで空間を分割する「空間シェアリング技術」、極小領域のみに音を届けること、さらにその放射範囲や距離を制御するができる「ピンスポットオーディオ技術」など、音に関する技術を利用したプロダクト開発を進めています。この人だけに音を届けたい、このエリアだけに音が届けば十分、といった誰しもが遭遇したことがある音に関する課題解決を目指します。

事業化に向けた開発状況

家族が一緒に寝ているとき、目覚まし時計の音で起きる必要がないのにその音で起こされてしまうといった状況を解決するために、ピンスポットオーディオ技術を利用した目覚まし時計を試作し、その機能を検証しました。さらにその機能をより実社会のニーズに応えるべく、定量調査を行いプロダクト開発の方向性を明らかにし、その開発を進めています。

今後の展開例
新時代においてますます需要が高まる “音” へのアプローチ
  • 美術館や商品展示の前に立つとその展示を見ている人にだけ解説が聞こえるプロダクト(ガイド無線機の代替)の開発。
  • 車内でカーナビと音楽、映像などを届けたい人にだけ聞こえるようになるプロダクトの開発。
  • オンライン会議などにおいてイヤホンをつけずに特定の人に音が届く環境整備や製品の開発。