2016.06.10 

2016/6/9 東郷町でのイベントを鈴木大地スポーツ庁長官が視察されました

写真1

愛知県東郷町イーストプラザいこまい館トレーニングジムにて、順天堂大学と立命館大学のコラボ企画イベントを開催しました。そして今回は、鈴木大地スポーツ庁長官が東郷町へ視察でお越しになるということで、この実証実験の様子をご覧いただきました。

愛知県東郷町と東郷町施設サービス株式会社、順天堂大学スポーツ健康科学部は、平成26年4月2日に健康づくり分野等における連携協力に関する協定を締結しました。その活動の一環として、東郷町にてロコモ予防に関するイベントを開催しています。最近では、COI拠点として共に活動をしている立命館大学も参加して、順天堂大学による「ロコモ予防」と立命館大学による「空間シェアリング」のコラボイベント(実証実験)を実施しています。9日はその第2弾のイベントをを行いました。

 

【写真1】記念撮影

鈴木 大地 スポーツ庁長官(右中)

川瀬 雅喜 東郷町長(左中)

内藤 久士 順天堂大学スポーツ健康科学部長(左)

伊坂 忠夫 立命館大学スポーツ健康科学部長、COI拠点研究リーダー(右)

 

 

 

 

 

【写真2】 コラボイベントのチラシ

順天堂大学による「ロコモ予防」と立命館大学の「空間シェアリング」のコラボにより、魔法の音空間で楽しく運動し、楽しくロコモ予防をすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【写真3】

トレーニングジム内のたて約6.5m×よこ約6.0mのスペースに超音波スピーカーによって2つの運動空間を生み出します。

 

 

 

 

 

 

【写真4】

左のチームと右のチームはそれぞれ異なるロコモ予防体操を行っています。正面に設置された超音波スピーカーから聞こえてくるインストラクターの指示や音楽に合わせて身体を動かします。このような狭い空間でも、隣接するチームの音同士が混ざりあうことがないので、混乱することなく安心して体操をすることができます。

 

 

 

 

 

 

【写真5】鈴木長官による視察

ロコモ予防体操と空間シェアリングによるコラボイベントの様子を鈴木長官にご覧いただきました。

 

 

 

 

 

 

【写真6】

鈴木スポーツ庁長官に西浦敬信教授(立命館大学情報理工学部)より空間シェアリングの仕組みについて説明をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

【写真7】

内藤教授、伊坂教授より、鈴木スポーツ庁長官へCOIでの取り組みついてお話させていただきました。

 

 

 

 

 

 

【写真8】

視察後に記念撮影をさせていただきました。

 

今後も、東郷町にご協力いただき、実証実験などのイベントを開催させていただく予定です。日程が決まりましたら、TOPICSにて告知をさせていただきます。

 

写真3

写真4

写真5

写真6

写真7

写真8